コラム

コラム

2018.09.28

プロペシアとフィンペシアの違い

AGA治療薬も様々ありますが、今回はポピュラーな治療薬であるプロペシアとそのジェネリック薬品であるフィンペシアについてご紹介させていただきます。

プロペシアとフィンペシアの違い

結論からいうと効果に違いはない

まずは製造元の比較からしてみましょう。プロペシアはメルク社(MSD)で開発されたAGA治療薬で日本を含む60か国以上で承認された世界初の経口型AGA治療薬です。そしてフィンペシアはシプラ社が製造販売しているプロペシアジェネリックです。シプラ社はジェネリック医薬品を数多く製造販売している大手製薬会社です。

  

どちらも有効成分はフィナステリドで、先発薬とジェネリック医薬品の関係です。ジェネリック医薬品と聞くと「効果が弱い」「偽物」といった口コミなども見かけますが、ジェネリック医薬品は数多くの試験をクリアして先発医薬品(新薬)と同じ効果が認められたものになります。そのため、どちらを服用しても効果に差異はありませんのでご安心ください。プロペシアのジェネリック医薬品という位置づけにあるフィンペシアの方が販売価格が安価に設定されているため、お勧めです。

有効成分であるフィナステリドの効果や作用機序

AGAの原因

まずAGAの原因についてご説明します。AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という成分にあると考えられています。DHTが増加しすぎると髪の毛の成長周期が乱れ毛髪の成長期が極端に短くなってしまいます。そうなると健康的な髪の毛を生成することが出来なくなり、抜け毛が増加し薄毛になってしまうのです。

フィナステリドの働き

原因物質として考えられているDHTはテストステロンという成分と5αリダクターゼ(5α還元酵素)という成分が結合する事で生成されます。フィナステリドにはDHTの生成の元となるを5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。5αリダクターゼの働きを抑える事でテストステロンとの結びつきを減らし、DHTの生成量を抑えます。そうする事で毛周期を改善し薄毛を改善するのです。

5αリダクターゼについて

フィナステリドによって阻害される5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在します。

Ⅰ型5αリダクターゼ

主に側頭部や後頭部の皮脂腺や細胞に多く存在します。皮脂は、脂肪などを含んだ油分ですので、もし側頭部や後頭部の皮脂量が多いと感じる方の場合は、Ⅰ型5αリダクターゼの分泌量が多いと考えられます。しかし、AGAは主に前頭部や頭頂部から進行しますので、薄毛への影響は後述のⅡ型に比べると少ないと考えられます。

Ⅱ型5αリダクターゼ

主に前頭部や頭頂部に多く存在し、他にも毛乳頭細胞や前立腺、外陰部及び髭の生える部分に多く存在しています。よって、Ⅰ型よりもAGAの進行の原因であると考えられています。また、5αリダクターゼⅡ型が強く影響する理由として、Ⅱ型の方がより多くより強いDHTを作り出すと考えられているからです。5αリダクターゼⅡ型は毛乳頭細胞の細胞膜内に変換酵素として存在し、細胞膜内にあるテストステロンとすぐに結合しDHTを生成してしまううえに即座にアンドロゲン受容体と結合してしまいます。

フィナステリドで効かない場合はデュタステリドを

フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害する作用がありますが、5αリダクターゼⅠ型を阻害する効果はありません。もしも「フィナステリドを飲んでいるのに効かない」という人は、5αリダクターゼⅠ型の影響も強く受けている可能性も考えられます。その場合はデュタステリドという成分を有効成分に持つザガーロというAGA治療薬を試してみるのがお勧めです。デュタステリドはフィナステリド同様に5αリダクターゼを阻害する働きを持ちます。そして、フィナステリドでは効果のない5αリダクターゼⅠ型にも効果を発揮します。もちろんⅡ型にも同様に効果を発揮するため、フィナステリドの約1.6倍の効果を持つといわれています。より高い効果を期待される場合はお試ししてみるのもいいでしょう。

フィナステリドの飲み方

プロペシアとフィンペシアの飲み方はいずれも同じです。一日一錠、水またはぬるま湯でお飲みください。服用の際は時間を決めて毎日同じ時間帯に服用する様にしましょう。そうする事でお薬の血中濃度を一定に保ち効果をあげる狙いがあります。また、飲み忘れを防ぐことにもつながるのでお勧めです。

副作用・注意点に関して

フィナステリドの副作用として勃起不全、性欲減退などの報告があります。しかし、副作用の発生率は決して高くはないのでご安心ください。もしもそういった症状が現れたとしてもED治療薬を用いた改善も可能です。

また、重要な注意事項として胎児に影響を与える恐れがあるため女性は使用はおろか、成分に触れることも推奨されません。触れる事でも経皮吸収されてしまうのでご注意ください。

他にも気になる事があるようでしたら購入の際に医師にご相談しましょう。

インターネット通販での購入は注意

医薬品を個人輸入したり、インターネット等で取り寄せるなどして使用される方がいらっしゃいますが、それらには正規品と偽った偽造品だったり、不衛生環境で製造された粗悪品が数多く流通していたという調査結果もあります。健康被害や、思わぬ副作用の危険もありますので、注意が必要です。お薬をお求めの際は必ず医療機関で医師の診察を受け、説明を受けてから処方してもらうようにしましょう。

 

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6304-5283
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト