プロぺシア

プロペシア(一般名:フィナステリド finasteride)

プロペシア

AGAは男性型脱毛症を意味し、頭髪の薄さや抜け毛は男性のコンプレックスの代表格とも言える症状です。日本人男性の約3割に発症する可能性があるとされ、決して他人事ではありません。そのAGAの治療薬の1つとして有名なのが、MSD社から製造・販売されているプロペシア(一般名:フィナステリド)です。プロペシア(Propecia)という名前は、英語で「賛成の」という接頭語である「Pro」と、英語で「脱毛症」を意味する「Alopecia」を合わせて名づけられました。「脱毛症の方を擁護している」という意味をもつプロペシアですが、意外なことに初めからAGA治療薬として開発されたわけではありません。元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、副効用にAGAの進行を抑制する効果があることが分かり、AGA治療薬として研究開発を重ね、プロペシアが誕生しました。プロペシアの有効成分であるフィナステリドはAGA治療に大変効果があるため、日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインにおいて推奨度Aランクに位置付けられています。ザガーロ(一般名:デュタステリド)という新しいAGA治療薬が現れるまでは、最も人気のある経口AGA治療薬と言えばプロペシアでした。現在でも、その人気は健在で、特にプロペシアジェネリック医薬品である「フィナステリド錠」は高い評判を誇り、プロペシアよりも安価に処方できるプロペシアジェネリック医薬品がメジャーになっています。

ヘアサイクルとAGAの原因

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があり、正常な人でも自然と抜け毛が起こり、新しい髪の毛へと生え変わっていきます。ヘアサイクルには、2~6年の「成長期」に髪の毛が成長し、2週間~1ヶ月の「退行期」に髪の毛の成長が止まり、3~4ヶ月の「休止期」に髪の毛が抜けるのを待つという3段階のステップがあります。AGAの方は、このヘアサイクルが乱れて、成長期が数ヶ月~1年と短くなるせいで、髪の毛が成長する前に抜けていってしまいます。このヘアサイクルの成長期を短縮する原因は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されてしまうことにあります。DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが主に男性の頭皮や前立腺に存在する5a還元酵素(5aリダクターゼ)と呼ばれる酵素により変換されることで産生されます。

プロペシア処方

プロペシア錠には0.2mg錠と1mg錠の2種類があります。発毛・育毛効果は1mg錠の方が0.2㎎より高く、また副作用の頻度も変わらないため、ほとんどの医療機関ではプロペシア1mg錠の処方を行っています。

プロペシアの効果

プロペシアの服用で98%のAGAが改善

プロペシアはAGAの原因となるDHTの産生を阻止する働きがあり、DHTを生み出す元になる5a還元酵素が、テストステロンと結びつくのを阻害します。その結果、数ヵ月~1年ほどの短い成長期が、2~6年ほどの正常な成長期へと戻り、薄毛が改善されます。プロペシアは98%以上の方に効果があり、プロペシアは効かない方は1%ほどですから、安心して服用していただけます。プロペシアの服用は長期継続することで確かな発毛実感が得られるので、6ヶ月、1年、3年とじっくりと時間をかけて服用し続けることが必要です。服用を止めることは治療経過次第ですが、AGAの再発の可能性もあることを心得ておきましょう。

プロペシアとミノキシジル

AGA治療薬にはプロペシア以外にミノキシジルがあります。ミノキシジルは血管拡張作用を持ち、血液と共に毛髪の成長に十分な栄養を送ることで太く、強く、抜けにくい健康的な毛髪に育毛する働きがあり、作用機序の違うプロペシアとミノキシジルの併用は効果的とされています。日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインではフィナステリド(プロペシアの有効成分)とミノキシジルの併用療法を推奨しています。もちろん、プロペシアの服用だけでもAGAを治療することはできますが、プロペシアはどちらかというと脱毛を防ぐことに特化したお薬で、しっかりと発毛をご希望の方はミノキシジルとの併用がおすすめです。プロペシアで脱毛を防ぎ、ミノキシジルで発毛・育毛を促すことで相乗効果が見込めるため、高いAGA改善効果が期待できます。

プロペシアとザガーロ

プロペシアの発毛効果で満足できない場合、プロペシアと異なる作用の仕方でDHTを強く抑制するザガーロを服用するといいでしょう。プロペシアで発毛効果が得られなかった人の77%が、ザガーロへの切り替えで発毛効果が得られました。

プロペシアの服用方法と注意点

プロペシアの飲み方は1日1回

プロペシアは、1日1回毎日決まった時間に極量1㎎錠を守って服用することで、薬剤の血中濃度を安定させられます。食事の影響は受けません。1日に1㎎より多くのプロペシアを服用しても、AGAの治療効果に差が出ないことが臨床試験によって証明されています。したがって、体に影響することはありませんが、「前日に飲み忘れたから」とプロペシアを1日に複数錠服用することはおすすめできません。禁忌として服用できない方は、プロペシアの有効成分であるフィナステリドにアレルギー反応を起こしたことのある方はもちろん、女性(妊婦・妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性)は服用できません。子どもに対する安全性や有効性も確立されていませんので、服用させないようにしてください。肝機能障害をお持ちの方も注意が必要です。また、プロペシアによるAGA治療中の方は、輸血した場合に女性に危険性があるため献血ができません。その他にも服用中に気になる症状がある場合は、すぐに専門の医師にご相談ください。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は少ない

プロペシアを服用した際に副作用が出る可能性がありますが、発生率は1%程度と大変低くなっています。代表的な副作用としては、勃起不全や性欲減退などが挙げられます。万が一、それらの症状が出てしまった際には、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬で改善できます。また、ごく稀に肝機能障害や食欲不振などの倦怠感が表れる症状が出ることもあります。もし、そういった症状が現れた際には専門の医師にご相談ください。

また、副作用とは違う症状で「初期脱毛」が現れることがあります。初期脱毛とはヘアサイクルが改善されることにより現在生えている成長期が短縮されて、抜けやすい髪の毛が次に生えてくる健康な髪の毛に場所を譲るために抜けることで起きます。心配になってしまう方もいるとは思いますが、薬の効果が現れてヘアサイクルが改善に向かっている証と言えるので、服用を止めないようにしましょう。

プロペシアジェネリック「フィナステリド」の処方によるAGA治療

プロペシアジェネリックは安い値段でプロペシアと同じ効果

プロペシアにはジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品は先発医薬品と比べ安価で購入できるため、ユナイテッドクリニックではほとんどの患者様がプロペシアジェネリックを服用されています。

ユナイテッドクリニック新宿南口院では、プロペシアジェネリックを各種取り扱っていますので、AGAでお悩みの方は是非一度ご来院ください。当院スタッフ一同お待ちしております。

プロペシアの通販や個人輸入代行

プロペシアに限らず様々な薬剤を個人輸入代行を謳った通販や個人輸入などの手段で入手することができるのは確かです。しかし、個人輸入代行を謳った通販サイトは違法なことが多く、また個人輸入は非常に手間がかかります。こうした背景があるために、日本国内で流通しているプロペシア等の薬剤は6割近くが偽造品や粗悪品です。そのために、偽造品や粗悪品による健康被害は後を絶ちません。安心・安全を求めるならば、多少のコストや手間を惜しまずに医療機関で処方を受けることを強くおすすめします。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6304-5283
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト